転職活動の面接対策!志望動機は、どうする?評判のリクナビネクスト、マイナビ転職、エンジャパンに登録したらくるスカウトメールは、


就職・アルバイト ブログランキングへ

転職活動の面接対策として、志望動機について書いていきたいと思います。志望動機は、面接対策において、最も大切な対策の一つと言えるでしょう。この対策によって合否が変わってくるかもしれません。明確な志望動機を考えるにあたって、私はまず、足で志望する企業の情報を徹底的に集めるべきだと考えます。

なぜなら、応募先の企業で扱っている商品やサービスを知り、そこに魅了されて、こういう仕事をしたいと感じたという流れに持っていくのが理想だからです。とても自然な流れで、志望動機に結びつく行動だと言えるでしょう。面接官のおじちゃんも、ほおっと目を細めてくれますYO!その流れに自然にもっていくための理由作りとして、店舗や会社やイベントに出向くのは、賢い選択だと思います。

もちろん足で情報を集める前に、パソコンでざっと検索をかけてもいいと思います。生きた情報はあまり得られないと思いますが。概要はわかります。そのあとに店舗があるなら店舗を8店舗ほど回ったり、価値ある話が聞けそうな先輩などがいるなら、話を聞くと。8店舗と書いたのは、10以上回った方が好ましいのですが、時間との兼ね合いもあるので、費用対効果を考えて、8くらいかなと私は考えます。

店舗が少ない会社なら、もっと少なくなりますね。8ほど回っておけば、嫌でも?違いが目につくでしょうし、10以上行きました!と自信満々に面接で語っても問題ないであろうからです。もちろん一つ一つの特徴をメモしておいて、面接時につっこまれたら、答えられるようにすることは、必須事項と言えるでしょう。

こうした作業というか準備が入念にできるのは、転職の場合は、新卒の学生の就職活動よりは、受験する数が少ないであろうからです。また新卒の学生より、会社に面接に行くまでにある程度は何を準備すればいいのかが理解できているのも強みと言えるでしょう。会社を辞める前に転職活動をする場合は、忙しい中で、準備をするわけですから、尚更、いくつかに絞った上で転職活動をした方がいいでしょうね。効率的に転職活動するためにリクナビNEXTやマイナビの転職サイトに登録するのも良いと思います。

必須やで!と語る人もいます。ほとんどの転職者はリクナビネクストに登録しているという話もあります。いくつか登録して、比較するのが賢いかもしれませんね。他にはエンジャパンもありますね。三つもあれば、十分でしょう。エンジャパンは20年もやってる老舗です。よく聞くスカウトメールは、自分のところにきたとしても、自分以外の人の所にも、大量に送られているので、喜んでばかりもいられません。

学歴や職歴が一定レベルを越えてる人全員に送信されているのでしょう。話を元に戻すと、店舗を回ったり、先輩などに会社の話を聞いたら、あとは、自分がこれは良いサービスや商品だと感じたものをうまく志望動機として、おとしこむわけですね。こういう商品やサービスを作って世の中のために貢献したいですとか。やらしい話かもしれませんが、老人や子供を助ける商品やサービスが面接官受けするのは否定出来ません。弱者を助けるということで。

ちなみに日経新聞は読んでも読まなくてもいいと思います。もし読んでいなくて、面接官が日経新聞マニア!?みたいな人で突っ込まれたら、申し訳ありません。今日から入社日まで熟読します!と体育会系のノリで熱っぽく語れば、どうにかなります。そもそも付け焼き刃で、ちょこっと読んで、役にたつことは、あまりないでしょう。ろくに読んでいないのに、知ったかぶりしても、ベテランの面接官はすぐ見抜くでしょうからね。

経済や社会の主要なニュースを抑えておけば、それほど問題はないと思います。それよりも志望した会社の社風やニーズに合っているかどうかの方が10倍大事だと言えるでしょう。面接にもよりますが、あれもこれも気にするよりも中身のある志望動機をしっかりと固め、ダメなら次の面接の準備の時に変化を多少加える方が合理的です。

転職面接の場合、既に面接は新卒の時に何度も経験済みですから、新卒の人ほど、あれこれ考える必要はないと思います。心配な人は転職エージェントに登録して相談!これですね。ただ、前職を辞めた理由は確実に聞かれるでしょうから、それはしっかりと考えておきましょう。



この記事へのコメント

  • せんり

    店舗をまわって準備をすると
    いうのはいい事ですよね。
    現場を知る事によって
    面接時に具体的な発言に
    かわりますものね。
    2017年01月07日 11:51
  • ハウスっち

    価値観のある話にして面接でリアルな自分を見せるというところですかね。面接官の方の眼光は厳しそうですね。
    2017年01月07日 14:59
  • nursetenshoku

    ご覧頂きありがとうございます。
    ブログを拝見させて頂きました。すばらしいブログです!
    今後もよろしくおねがいします!
    2017年01月08日 11:05
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445640835

この記事へのトラックバック