懸賞を楽に簡単に当てるコツ、必勝法!!懸賞雑誌ライター長場典子さん!何百万も当選する確率を上げる驚きの方法とは??


就職・アルバイト ブログランキングへ
ズバリ、懸賞を当てるコツは懸賞女王がばちゃんの懸賞本を読むことです。これだと記事が終わってしまうので、細かく説明していきたいと思います。がばちゃんって誰?って思われた方もいらっしゃるでしょうから。懸賞雑誌などでおなじみの長場典子さんですわ。

懸賞だけで、何百万と稼いでいるらしいです。懸賞の雑誌などで活躍している懸賞ライターの女性です。懸賞本も出していて、黄色い表紙のがばちゃんの懸賞ここだけの話とかってタイトルの本を出しています。タイトルは少し違うかもしれませんが。

私もわざわざ本屋で予約して、買いました。ブックオフにはなかったと記憶しています。かなり面白い本でしたよ。そのような本も読んで過去に100回ほど当選している私としては、懸賞は競争率で8割は決まると思うので、競争率が低いフリーペーパーや男性雑誌に応募すると、高い確率で当選するでしょう。

あと感想の欄を充実させること。こと細かに、その商品がなぜ欲しいのか具体的に書くことが大切です。子供がいるなら、子供が欲しがっていてみたいに書けば、当選確率は上がるかもしれませんね。ただ、このやり方は、懸賞のように他人に見られないなら、疎まれないですが、他のことで、人目に触れる状況だと、疎まれるかもしれません。結構、色々なイベントで子供をだしに使う人は多いですが。

世間的には、子供や家族ネタは鉄板のようです。ビールでいうところのスーパードライですね!Jリーグでいうところの浦和レッズ、大学でいうところの東京大学、お笑い芸人で言うところのダイアン津田!?もういいか。。最後のちゃうし((((゜д゜;))))話を元に戻すと、他に当選確率を上げる必勝法は、閉め切り間際に出す、名前を変えて出す、住所を変えて出す、時期を変えて出す、目立つようにカラフルにして出すなどでしょうか。

この中で閉め切り間際に出すというのは、懸賞によっては、ハガキで、積まれていれば、上の方に目立つハガキがあれば有利ではないかということや目立つハガキが閉め切り間際に郵送されてきて、商品やサービスに対する良い意見が書いてあれば、当たりはこの人でいいやと考えると想定して。

住所を変えて出すに関しては、マンションやアパートに住んでいる場合は、番地だけの住所とマンション名を入れた住所と少なくとも二つパターンをもっているので、それをフル活用するわけです。メール応募など機械で懸賞を処理している場合は、場所が同じであっても、マンション名が入っているパターンと入っていないパターンを違う住所と見なすことがあるといいます。

同じ住所で2回応募できない時に使えます。こうしたことを頭に入れておくと、応募方法によっては有利に立ち回りができたりします。名前をひらがなにするとかね!懸賞で当てたい方は、応用をきかせましょう。私が当選したものは、お米やCDコンポ、ワイン、ビール、図書カード、商品券などです。他には、ユベントスのユニフォームにかつて監督だったカペッロのサインが入ったものも当たりました。

これは、ワールドサッカーダイジェストの懸賞ですね。あと、ある雑誌で、神様ジーコのサインが当選したことがあるのですが、これは偽物でした。どうして偽物とわかったのかというと、私は埼玉スタジアムで、ジーコから直接的にサインをもらっていたからです。昔、日本代表の試合の前の練習を見に行った時にもらいました。他にも日本代表の選手15人ほどにもらいました。そんなわけで、ジーコのサインが偽物とすぐわかってしまい、その雑誌は読まなくなりました((((゜д゜;))))今でも健在の雑誌かな?

興味なくなって、見ないから不明ですが。雑誌って怖いなって思いました。偽物を読者プレゼントするなんて、ひどいよ!ひどすぎるよお!!っとは思わないけど。本物もっていたから。でも結構シュッとしてる表紙の雑誌なのに、私の中では大きくイメージダウンですね。読者プレゼントは誠実にやってほしいね。

いわばサッカー日本代表のキャプテン、ブンデスリーガのフランクフルト長谷部誠選手みたいに、誠実にね。あと厳正な抽選で決めていますという話をよく聞きますが、私書箱を使うような大型懸賞でなければ、人がハガキやメールを見て当選者を決めていると言われています。というかフリーペーパーや男性誌であれば、あまり人気ない商品なら自分以外にそれに応募している人がいないことも大いにありえます。

たくさん応募していると自然とこういうのが当たる懸賞なのかとわかってきますね!当たる時は本当に簡単に当たりますから。やることを完璧にこなして、運に頼る割合を極力減らす!これが必勝法ではないでしょうか。



この記事へのコメント

  • nika

    締め切りに近くにやってみます。
    2017年01月06日 11:59
  • Tee

    コメントありがとうございます。がんばりましょう!

    >nikaさん
    >
    >締め切りに近くにやってみます。
    2017年01月06日 14:09

この記事へのトラックバック