就職転職の応募方法!電話のかけ方はこうやるんだ!!テレビ局は、


就職・アルバイト ブログランキングへ

転職活動をする時には、電話で応募する場合もあると思います。電話で応募する時には、まず自分自身の日程確認をして、すぐにでも面接のスケジュールを決められるようにしておかなければなりません。即効をかますためですね。かますって言葉があまり良くないけどね。直線的に言わないとニュアンスが違って伝わるかもしれへんからね。つまり転職雑誌やインターネットで求人を見つけたら、すぐ電話をして、すぐ面接してという流れです。スピード勝負です。

会社によっては、最初の面接で決まってすぐに打ちきりする可能性もあるので、スピードスターの浦和レッズ岡野雅行(現在は、鳥取県でJ3のチームのGMつまりゼネラルマネージャーをやっています、資金繰りや接待を頑張っているようです)になったつもりで、行動しなければ、内定が勝ち取ることができない場合があります。とにかく普段からいい求人があったら、すぐに電話して、面接日程を決めてしまいましょう!

将来がかかってますからね。タメ口なんか聞いたら、終わりですわ。大阪は、なんばの定食屋に東京都から旅行できて、店のオバチャン相手にタメ口聞いてんじゃねえよとか言ってるアタマが芳しくない方みたいな行動は厳禁ですね。おばちゃんにキレてどうする!?っていうね。

ちなみに一般の企業に電話をかける場合は、10時半すぎにかけて、ソッコーかましたり、昼にかけるのは避けて、13時すぎにかけたり、かける時間をめちゃめちゃ気にしましょう!17時以降もやめたほうがいいですね。会社の終わりの時間、終業時間がせまっていますから。会社員、サラリーマンにとってのゴールデンタイムが迫っているのに余計な電話がきたら、激怒する社員もいるかもしれませんからね。

話は横に逸れるけども、昔、和田アキ子の歌でゴールデンナントカって歌があったねハッ!とかいう掛け声の( ̄▽ ̄;)話を元に戻すと、これから立ち飲みに行って明るく楽しくやるのに電話かよ!って思われますから。特に関東では。最初から印象最悪では、受かるものも受からなくなりますよ!会社によっては、カメレオンて漫画みたいにフザケロ!ハチヤにくれてやるようなメデテー命はもってねえ!!とか言われることもあるといいます。あっこれは冗談です!いわゆるひとつのジョークですわ。こんな私でもジョークとかいうんやでえ!ワオ!

まあそれは置いておくとして。電話をかけたら大切なことは必ずメモしましょう。御社の求人広告を拝見しました。恐れいりますが、採用担当の方をお願いできますでしょうか?とか言うんですよ。そして、採用担当が出たら、名前を言って、御社で募集している仕事に応募したくて、ご連絡いたしました。なんて、言ってね、それで、面接の日程決めて、よろしくお願いします!こんな感じやね。もし、担当者が不在だったら、何時頃におかけすればよろしいでしょうかって言っておきましょう!気合いと熱意が大事です。

俺が俺の人生を形作っていくんや!!という気合いが大切です。日本代表としての誇りや魂が次に大切です!つまり、キングカズーですね((((゜д゜;))))面接の当日に関しては、無断キャンセルは厳禁ですね。アルバイトでは、こういう行動とる人は多いようです。また面接中に仕事内容に加えて、休日や給料のこと合否の連絡はいつになるのか、初詣ではなく、初出勤日も聞いておきましょう!

初出勤日は、合格が決まってから、変えることも出来るかもですが、会社に迷惑がかからないように注意しましょう。休日に関しては、意外に週休二日制と完全週休二日制の違いがわかっていない人もいるので、面接でキッチリさせておくべきです!疲れてくると休日のことは重要になってきますから。私も無尽蔵のスタミナはないほうなんでね。週休二日だと週休一日の時もあるということを暗ににおわせているので、注意が必要になりますよ!こうした休日のことを理解しておかないことで、もめて、会社辞めた友人がいます。怖いですね。休日の恨みは怖いということですね。

ちなみに履歴書って法律的には、返却の義務はありません。適切な管理や目的内の利用は義務がありますが。履歴書の返却を希望する場合は応募先に問合せをするしかないですね。黙っていても、なぜか勝手に返却される時もありますが。この場合の企業の意図は不明ですね。


返しておかないと後から言われてもシュレッダーしてるから困るとか考えているのかもしれません。人事部に入ればわかるかも。人事異動とかね、やってみたいですわ!?君は来週末から北海道に異動ね。とか言うんですかね。すごいね。ある意味怖いな、人の人生の鍵を握っているみたいだ。私はできれば沖縄県か九州は福岡市に出張したいですがね。でも求人誌やインターネット求人への応募なんかは、テレビ局でいったら、地方局みたいなもんやから、楽ですよ。キー局だったら6回くらい面接があるからね。

集団面接も1回とか。準キー局でも5回くらいかな。とにかく多いよね。でも言っちゃなんやけど、半分くらいはコネ入社らしいけど。確かに親が有名人率は高いよね。名前はいえないけどね。またかって思いますよ。テレビ局からしたら、親が有名人だとスポンサーになってくれるから、人質として?子供を入社させたがるんですよね。でも私は優しいから大人だからきれいに華麗にスルーしようと考えています。なんといっても、ジャパニーズですから!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック